2009年07月23日

聴衆をダレさせないプレゼンテーション・テクニック [話し方その8]

プレゼンテーションで話しだけで聴衆をダレさせない方法は、ベテランになれば誰もがひきつけられます。
ですが初心者がいきなりできるわけではありません。
そこで、ここでは話す中身について、2つに絞ってヒントを挙げています。

・最新の話題、またはデータ
プレゼンテーションでは、同じジャンルまたは興味のある人が大勢を占めます。
そのため、スライドの構成も既知のものが大半を占めることも間々あります。
そのようなときには、最新の話題やデータを織り交ぜるコツを使います。
これは既知ではない情報を提示することで、聴衆はその内容に対して興味を示します。
聴衆が興味を持って参加しているプレゼンとくにビジネスシーンならば、中にはそれを知っている人もいるでしょう。
そのような方は最新の情報を持っていることに対して、逆に発表者への信頼感を増すことでしょう。

・聴衆を指名、または質問
学校の授業などの場合、生徒からするといきなりの指名や質問は本人はもとより同じ空間にいる生徒もハッとさせられます。
このように適切なタイミングで指名や質問をすると、適度な緊張感や集中力を維持したままプレゼンを終えることも可能です。
例えば45分もプレゼンをする場合、人間の集中力は30分で尽きます。
このように時間が長い場合には、集中力がいちばん低下するタイミングで行うコツが効果的です。
また短いプレゼンのときでも、特に集中して聞いてほしいタイミングで行うことも効果的です。
ただし指名や質問をしすぎると、緊張しすぎて肝心の内容を理解してもらえないこともありますので、乱発するのは控えましょう。


2009年05月19日

プレゼンテーションで聴衆の注意をひく [構成その6]

プレゼンテーションで、聴衆の注意をひくのにあなたは苦心していませんか?
とくに初心者がビジネスで行うとなると、かなり頭の痛い問題です。

注意をひくコツの基本は、プレゼンをはじめた瞬間が大事です。
これはだれでも経験あることです。

たとえば、学校の授業を思い出してください。
集中できる授業と言うのは、たいてい授業のはじめから何かしら生徒の関心をひきつける話題を提供する先生ではありませんでしたか?
逆に最初から授業内容に突入する場合、よほど興味のある教科でない限りしょっぱなから退屈モードになってしまいます。

このように何ごとも出だしは肝心なのです。
では、プレゼンテーションでは何を話せばよいのか?

ビジネスマンやセミナー講師のプレゼンの場合、いろいろな出だしが考えられます。
何でもない話しから自然に入る、といったケースが多いです。
たとえば今日の天気、来るまでにあった出来事、テレビなどで気になった話し、好きな芸能人や偉人の話題などさまざまです。
もちろんプレゼンに絡めることを目的にするので、本当に関係も何もない話しは問題外です。

次にいきなりプレゼンのしょっぱなに聴衆に質問をするケース。
たとえばあなたがタイヤのセールスをしているなら、
「車のタイヤがパンクして困った経験のある人はいませんか?」
と聞けば、たいていの人が同意するでしょう。
そして、
「タイヤの交換が好きだと言う人はいませんか?」
と聞けば、ほとんどの人は同意しないか、にやにやする人なども出てくるでしょう。
「わが社のタイヤは、トラブルがあってもタイヤ交換することがありません。
なぜならパンクしないタイヤだからです。」
と導けば、聴衆は退屈することなくプレゼン導入部分からリラックスして発表者の話しに耳を傾けるでしょう。

このようにプレゼンテーションの目的とするところへ、自然に話題を持っていくコツが大切です。
そして聴衆の興味を喚起する。
それこそがプレゼンを成功へと導くコツです。
posted by REN at 13:00| プレゼンテーションのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

信憑性を上げるプレゼンテーションの基本 [スライド作成その5]

プレゼンテーションでは、その内容の信憑性が重要になることがあります。

その内容が確かであると思われることが重視されるのは、なにもプレゼンの世界だけではありません。
たとえば、最近はエコがブームです。
自動車の広告などを見ると、そこにはどれだけ低燃費なのか書かれています。
また家庭で使用した消費電力によって、あなたの家からは二酸化炭素が風船の大きさで言うとこのくらい出ていますよ・・・などというのも同じです。
スライド内で使用されるデータが具体的であればあるほど、プレゼンに対するデータの信憑性が高まります。

また教養番組では、必ずと言っていいほどその道の専門家の助言をもとに番組が構成されています。
そして出されるフリップには、具体的な典拠も示されています。

資料の信憑性を上げるには、もちろん発表者も研鑽した上でプレゼンテーションにあたっていきます。
発表者がその道の専門家でない場合、とうぜん研鑽には膨大な時間がかかります。
しかし専門家に代弁してもらったり専門書から引用して典拠も示すと、あなたの研鑽にかかる時間は大幅に短縮されます。
プレゼンの内容も信頼されると同時に、あなた自身の時間が有効に使えるのです。

もちろん代弁してもらいっぱなし、引用しっぱなしではいけません。
代弁なり引用なりしたら、必ずその内容はあなた自身のものにすることも信頼してもらうためのコツです。
プレゼンを聞く機会が多い現代、聴衆の耳も肥えています。
とくに引用の場合だと、聴衆に自信のなさをすぐに見破られます。
引用の場合は、とくに理解することや典拠を明示することに勤めてください。
著作権の問題を気を付けていれば、それだけでいざと言う時にあなたもアドリブが利くようになります。
posted by REN at 13:00| プレゼンテーションのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。