2012年10月30日

プレゼンテーションでの身なりと説得力の関係[話し方その15]

プレゼンテーションの説得力は、プレゼンの構成や聴衆分析がポイントとされています。
また、プレゼンターの話す様子もたいせつです。

ただ、忘れてはいけないのが、プレゼンターはつねに聴衆に見られているということです。
アメリカの心理学者メラビアンの調査によると、人の印象の約6割が表情、話し方が3割で決まるというものでした。
すなわち、見た目の9割がポイントになっているのです。
これはプレゼンをする人にも言えます。

さらに人間は着ているものの権威に弱い事実があります。
たとえば警察官が着ているものが、制服か私服かによっても相手の対応は変わります。
また制服に権威があれば、着ている本人の自尊心も向上し、周囲にもそれは感じられます。
プレゼンテーションをしている人が、スーツを着こなすことも同じことが言えます。

またスーツを着るときには、男性ならネクタイもします。
アメリカの心理学者が、ネクタイをつけているときの依頼に対する承諾率を調べた実験があります。
これによると、ネクタイとしている場合の承諾率は7〜9割がOK、していないときは3〜4割がOKであったことがわかっています。

女性の場合も同様です。
心理学者のミルズは、化粧をして身なりも整えているときと整えていないときで、男性を説得できるかの実験をしています。
そこでは、きちんとした格好のときの方が男性を説得しやすかったことがわかっています。

このように身なりをきちんと整えることも、じつはプレゼンテーションの説得力に大きく関わってくるということです。


posted by REN at 12:17| プレゼンの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。