2011年08月14日

プレゼンテーションでのたちの悪い質問者のかわし方 [話し方その14]

プレゼンテーションにも個性があるように、聴衆の質問にも個性があります。
ただ感情的にプレゼンターを冷やかす質問者もいます。
まずはそんなときの対処法を、いくつか紹介します。

あなたのプレゼンを気に入らず、質疑のときに感情的に質問をぶつけてくる聴衆がいたとします。
そんなとき、あなたならどうしますか?

大切なのは相手に同調して、プレゼンターのあなたまで感情的にならないことが大切です。
こんなときは深呼吸をして、相手に事実確認をしましょう。

相手「こんなわからない講演なんてするな!」
あなた「わからない講演でしたか。」

この場合はさらに、プレゼンテーションの結論部分だけをもう一度話します。

それでもまだわからないという場合は、問い返しをしてみましょう。

相手「とくに〜の理論ってわけわからん!」
あなた「この理論のどこがわからないのですか?」

単に感情的に質問してきているだけの相手なら、ここでまともな質問が続かなくなります。
さらにまくし立ててきても、どこがわからないのか問い返しで確認をします。
ふつうはこれで、問題点が明確化して的確に回答でき、まとまります。
ただし、あなたは間違えても

「こんなこともわからないのですか?」
「知っているとは思いますが〜」

などと言わないこと。
言ってしまった時点で、たちの悪い質問者の術中にはまってしまった証拠です。
相手は激高するばかりでなく、プレゼンターのプレゼン能力に責任転嫁してくることも。


次に質疑の時間があっという間に過ぎてしまう質問者の場合です。
質疑のときにやたら自分の知識などボキャブラリーをことさらひけらかす人もいます。
また質問に答えても、なぜか最初の質問に何度も戻ってしまう人もいます。
こんな場合、問い返しなどしようものなら、この質問者の質問だけで質疑が修了してしまいます。
こういった場合は、

あなた「あとでお聞きさせてください。」

と言って、次の質問者に移りましょう。
なお、必ずしもプレゼン終了直後に話を聞く必要はありません。
“いつ”お聞きするとは言っていないのですから、聞くタイミングは相手次第です。
とは言っても、自分の上司やお得意先、先生などにはこの論法は使わないように。
あくまでたちの悪い質問者のときだけにしないと、損をすることになりますよ。


posted by REN at 12:00| プレゼンテーションの話し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。