2011年07月14日

プレゼンテーションであがらない方法その5 [話し方その13]

プレゼンテーションでの失敗というのは、いろいろあります。

最初の方で緊張しすぎたり、とんでもない勘違いで違うことを話してしまったりして、最後までずるずる失敗を引きずったままで、最悪のプレゼンになったことはありませんか?

実は出だしの失敗は、聴衆の評価にあまり左右されません。

むしろ聴衆の評価に影響するのは、終わりの方なのです。

心理学的には「親近効果」と呼ばれるものです。

人は、最後に見聞きしたものが一番印象に残ります。

あなたも先生や先輩のプレゼンを見て、印象に残っていることが多いのは最後の方ではありませんか?

このように初っ端からミスしても、締めくくりさえしっかりすれば聴衆の評価にそれほど影響しません。

もちろん、致命的なミスは除きますよ・・・。


それと最初のころの些細な失敗で、少しクスクスと笑われる・・・なんてこともあります。

これは逆にチャンスの場合があります。

人は不完全なものに興味を持ちます。

これを心理学では「ツァイガルニック効果」と言います。

本番最初に緊張で舌がもつれ面白いことを言って(またはやって)笑われる・・・なんてことがあれば、緊張している聴衆はリラックスする人が大半です。

こんな時は逆に「みんな自分の話しに注目してくれたぞ!」とツカミはOKなくらいの気持ちで臨みましょう。

ただし、ウケ狙いでわざとやるといろんな意味で再起不能になる可能性があるので、意図的にしないように・・・。


とは言っても、気持ちを切り替えられず結局挽回できなかった・・・と言って、その後のプレゼンテーションにまで引きずって再失敗する人もいます。

そういった傾向のある人は、次の機会に成功したら自分にご褒美を与えよう!となにか決めておきましょう。

心理学で「心理的報酬」と言われるものです。

ふだん飲まないような少し高いコーヒーや紅茶を飲むとか、自分が前からほしかった服やアクセサリーを買うとか、次の休みは寝ダメをするとかでもいいです。

まるで走るのを嫌がる馬の目の前にニンジンをぶら下げて走らせるような感じです。

しかし、意外と効果が期待できますよ。

これは仕事や勉強にも応用できる方法です。


posted by REN at 02:24| プレゼンの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。