2010年02月11日

プレゼンテーションであがり症を抑えるコツその2 [話し方その10]

プレゼンテーションであがらなくしたい人は、かなり多いのが実情です。

初心者の方は、とくに深刻に悩んでいる人もいます。

あがり症になりやすい人のマインドは、そのときの状態としてネガティブ思考であることが多いです。

失敗したらどうしよう、こんな質問を受けたらどうしよう、怖い人がいたらどうしよう・・・etc。

そこで今回は自分に暗示をかけて、プレゼンテーション本番でもあがりにくくするポジティブ思考のマインドを伝えます。


あなたは、こんな思い込みによる失敗はないでしょうか。

例えば買い物をしていて、レジを打ってもらっている時に家へお財布を忘れて来たのに気がついた・・・なんて人は、結構いるのでは?

・・・私も過去2度ほどやってしまい、顔から火が吹き出るようでした。

このように脳は「財布がある」と思い込んでいる(または信じている)と、お金もないのにあるときと同じように行動をしてしまいます。


これと逆に、成功している場面を具体的に妄想することで、あがり症を少しでも抑えることが可能です。

これは一流のアスリートでも行っている方法です。

やり方はかんたん。

プレゼンテーションのリハーサルを早めに済ませて、少し時間に余裕を持たせます。

本番までの間、堂々と説得力のあるプレゼンテーションをして、聴衆から感嘆の声が上がっている、または拍手喝采の様子を詳細にイメージするだけです。

これだけであがり症を抑える効果が期待できます。

フランスのスポーツ研究所のM・ブロジーンの実験で、ゴルフの素人でもイメージトレーニングをしたら実際の練習と同じ効果が得られたことでも実証されています。

ポイントは「具体的」「詳細」にイメージすることが大事です。

またイメージトレーニングの時間は短時間でもよく、イメージする回数は6回繰り返すだけでも効果を期待できます。

余談ですが、スポーツは当然として怖い上司との会話、接客などの対人業務、好きな異性に声をかけるなどにも、あがり症対策のひとつとして活かせますよ。


posted by REN at 22:25| プレゼンの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。