2009年09月30日

規模別プレゼンテーション [準備その8]

プレゼンテーションが行われる規模により、対話中心か説明中心かに分かれます。
ここをきちんと押さえておかないと、どんな達人でも失敗してしまいます。

不特定多数を対象としたプレゼンは、説明中心のものになります。
とくに人数が多い場合、しっかりしたシナリオを作っておくことが成功のカギになります。
大規模な公演会場で不特定多数の講演会などがよい例でしょう。
こういった大がかりなプレゼンをする機会の多い人は、他人の講演会などに参加して観察すると勉強になります。

一方、数十人程度という規模の場合、説明中心でありながら聴衆との意思の疎通も可能です。
しっかりとしたシナリオ作りと同時に想定外の質疑応答まで対応できる想定問答集作りが重要になってきます。
また聴衆の数が把握できる分、聴衆の中でカギとなる対象を絞ることが可能です。
たとえば大学生の卒論発表などの場合、とうぜんカギとなるのは参加している大学教授らになります。
参加している教授らを考慮に入れながらシナリオ作りと想定問答集を作成できます。

商談、企画会議や面接など比較的少人数のプレゼンの場合、対話が中心になります。
とうぜん相手の話す内容により、自分がプレゼンしたい方向性が違ってくることがあります。
主張したいポイントをしっかりとまとめた上で、思わぬ話題にも対応できるように対話相手を想定した内容をしっかり準備して望みましょう。
話ベタの人の場合、相手と関連する話題をニュースなどで仕入れておくなど工夫しましょう。


posted by REN at 13:00| プレゼンテーションのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。