2009年07月23日

聴衆をダレさせないプレゼンテーション・テクニック [話し方その8]

プレゼンテーションで話しだけで聴衆をダレさせない方法は、ベテランになれば誰もがひきつけられます。
ですが初心者がいきなりできるわけではありません。
そこで、ここでは話す中身について、2つに絞ってヒントを挙げています。

・最新の話題、またはデータ
プレゼンテーションでは、同じジャンルまたは興味のある人が大勢を占めます。
そのため、スライドの構成も既知のものが大半を占めることも間々あります。
そのようなときには、最新の話題やデータを織り交ぜるコツを使います。
これは既知ではない情報を提示することで、聴衆はその内容に対して興味を示します。
聴衆が興味を持って参加しているプレゼンとくにビジネスシーンならば、中にはそれを知っている人もいるでしょう。
そのような方は最新の情報を持っていることに対して、逆に発表者への信頼感を増すことでしょう。

・聴衆を指名、または質問
学校の授業などの場合、生徒からするといきなりの指名や質問は本人はもとより同じ空間にいる生徒もハッとさせられます。
このように適切なタイミングで指名や質問をすると、適度な緊張感や集中力を維持したままプレゼンを終えることも可能です。
例えば45分もプレゼンをする場合、人間の集中力は30分で尽きます。
このように時間が長い場合には、集中力がいちばん低下するタイミングで行うコツが効果的です。
また短いプレゼンのときでも、特に集中して聞いてほしいタイミングで行うことも効果的です。
ただし指名や質問をしすぎると、緊張しすぎて肝心の内容を理解してもらえないこともありますので、乱発するのは控えましょう。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。