2009年03月10日

プレゼンテーションでの話し方のタブー [話し方その7]

プレゼンテーションで、あなたは聴衆のヒンシュクを買う話しをしていませんか?
または質疑応答で困るような質問をしませんか?

これにはいろいろなケースが考えられます。
私が遭遇したケースでは、指導教官でない専門外の教授が学生に質問をしたとき、担当の指導教官である教授との間で壮絶な舌戦が繰り広げられたことがあります。
哀れなのはプレゼンをしている、当の学生です。
専門家の論争なので、発表者はどちらにフォローすることもできません。
こうなると成り行きに任せるしかありません。
大人気ないと言えば、それまでですが・・・。

この場合はプレゼンで質問する側が、発表者の専門領域を侵害したと感じたことから始まっています。
同じように、これが発表する側が相手の専門領域を侵害するようなことがあれば、相手は不快に感じるか、質疑応答でバトルが生じる可能性があります。

これ以外にも、たまに発表者が聴衆を見下すような話し方をする人もいます。
もちろん、発表者本人は見下すつもりで言っているわけではないことが大半です。
たとえば「この程度のことは知っていると思いますが・・・」などは、よく聞かれる枕詞のひとつです。
もちろん、聴衆の構成をリサーチした上での自信なのかもしれません。
しかし聴衆も人間ですから忘れていることもありますし、いままで縁がなく本当に知らない可能性もあります。
このようにプレゼンでは発表者の思い込みというのが、知らず知らずのうちに話しに出てきます。
本人はそのつもりではなかったとしても、これがあなたにとって大切な商談に関わるプレゼンならば致命的なミスにもなります。

昨今プレゼンテーションはどこでも行われており、聴衆の耳も肥えてきています。
ちょっとした何気ないひと言が、あなたのすばらしいプレゼンをダメにするかもしれないことに気をつけてください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。