2008年09月22日

プレゼンテーションの方法と心理学的な印象づけ [構成その4]

プレゼンテーションが終わった後、聴衆が記憶している内容は時間の経過とともに失われます。
ビジネス・シーンの場合、時間が経ってもどれだけ覚えておいてもらえるかが、大切になります。

プレゼンを終了しても内容をしっかり覚えておいてもらうには、いろいろなコツや方法が必要になってきます。
スライドを見やすく作ったり、話の途中で体験談を入れるプレゼンテーションの方法もたしかに有効です。

ところで心理学の世界では、時間と記憶の関係を忘却曲線として説明しています。
忘却曲線とは、記憶は時間の経過とともに失われることを示しています。

言葉と図をそれぞれ使った方法では、プレゼンテーションが心理にどのように残るのか見ていきましょう。

言葉だけの説明の場合、終了直後は50%弱しか印象に残っていません。
プレゼン終了から2時間後には、5%強程度しか残りません。

図だけの説明の方法では、終了直後は60%弱覚えておいてもらえます。
2時間後には、15%強程度が残ります。

言葉と図を用いた場合、プレゼン終了直後にはなんと90%程度の印象が残っています。
2時間経過しても、60%強が残ります。
言葉だけに比べ約12倍、図だけに比べ約4倍も、プレゼンテーションの内容が印象に残る度合いが違ってきます。

プレゼンで相手に印象を残したいなら、心理学的に言葉と図を上手に構成するコツが重要になってきます。


※参考文献
1)「産業教育機器システム便覧」,日科技連出版社


posted by REN at 11:00| プレゼンの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。