2008年09月14日

プレゼンテーションの時間の長さと集中力の関係 [構成その3]

プレゼンテーションをする際、時間を気にしていますか?
発表者でも聴衆でも、気になることです。

どんなにすばらしい内容のプレゼンであっても、時間が長くなると聞く方としては心理的に辛くなってきます。
これが単調な内容であれば、拷問以外の何ものでもありません。
プレゼン終了後に質問を受け付けますといっても、放心状態の聴衆から質問を期待する方が間違っています。

この対策のコツとして、基本的にプレゼンで聴衆が心理的に聞き疲れない時間で終える必要があります。
一般的なプレゼンテーションの時間は、15〜20分が多いと言われています。

伝統的なプレゼンのコツとして20分前後が多いのですが、実は心理学的に合理的な目安でもあります。
心理学の世界では、聞き始めから30分程度で集中力が切れ、45分には注意力が戻ると言われています。
つまり45分間で見ると、集中力低下のピークは30分になります。
最大でも30分程度に時間を設定しておけば、聴衆にしっかり聞いてもらえることが心理的に期待できます。
このコツに少しでも注目してもらえるように、プレゼンを工夫しておけばさらに効果的です。

ところで、30分で集中する力が心理的に散逸になると言うのは、誰もが経験しています。
みなさんが学生時代のころを思い出してください。
学校では楽しい授業やいやな授業など、さまざま揃っています。
どんなに楽しい授業でも、とくに昼食後最初の授業では30分もすると集中力が切れてウトウト・・・というのは私だけではないと思います。
お腹の具合がなくても、だいたい30分もするとウトウトしていたように思います。

どうしても30分以上プレゼンテーションをする必要のある場合、30分を目安に休憩を取るか上手い話題を振って聴衆の意識を取り戻す工夫をしましょう。


posted by REN at 12:00| プレゼンの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。