2008年08月28日

プレゼンテーションのスライド1枚に1メッセージ [スライド作成その4]

プレゼンテーションの時、スライドに情報を詰め込みすぎていませんか?
限られた短い時間では、特にそのような傾向にプレゼンがなりがちです。
しかし、これは聴衆にとっては、理解に時間がかかり正しい情報も伝わらないリスクがあります。

プレゼンでは、スライド1枚につき1メッセージが聴衆に対して最も早く理解されます。
そして内容も正しく理解されやすくなります。
では情報量が多いプレゼンの時に、どのようにして1枚に詰め込むか?
図表を使って、効率的に内容をビジュアル化することが重要になってきます。

なぜプレゼンテーションで図表を使って、効率的にビジュアル化することが重要になってくるのか見てみましょう。
人は、1分間に300文字分の情報を話して伝えることができます。
情報を文字として読む場合では、1000文字分の情報を相手に伝えることができます。
ところが情報を見る場合では、2000文字分の情報を相手に伝えることが可能です。※

プレゼンで図表を用いることは、情報を見るのと同じ効果があります。
すなわち、400字詰め原稿用紙5枚分の説得効果を1分間でできることになります。
スライド1枚に1メッセージの図表で構成したプレゼンは、絶大な効果を生むことになります。

限られた時間で多くの情報をプレゼンテーションで聴衆に伝えるには、図表を用いてビジュアル化した方が多く伝えることが可能になります。


※参考文献
1)山口弘明氏,「説得工学―効果的な伝え方の技術」,産業能率大学出版部発行,1983


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。